TOP

こんな海外プリペイドカードもある

海外プリペイドカードが浸透してきた

海外プリペイドカードはクレジットカードと現金との中間的な役割。国内で使っている電子マネーを想像してもらうとわかりやすいです。

 

ご存知の方も多いでしょうからサラッとご説明をすると、次のようなメリットがあります。

 

●あらかじめお金をチャージして現地で使うので、入金分しか使えず、落としたり盗まれた時に安心。

 

●クレジットカード代わりの支払いだけでなく、現地のATMでお金をおろすキャッシュカードのような役割も果たす。

 

●両替レートが銀行や両替窓口より安いケースが多い。

 

 

ただし、カードを利用する手数料(カード会社が徴収する手数料)が若干高めになるというデメリットもあり、トータルでどちらがお得か考える必要があります。

 

 

 

トップページではおすすめできる海外プリペイドカードの1位〜3位までをご紹介しましたので、ここではそれ以外のプリカをご紹介します。

 

なお、トップ3は私が実際に使ってみて、こういう点がおすすめと思ったランキングです。

 

普通に使う分にはどのカードも差は感じませんが、両替レートが頻繁に変わるか?レートがお得か?管理画面は見やすいか?などトータルに見ると、使いやすい順番が感じられて来ます。

 

ここで挙げるものは使う頻度が低いため、順位付けは避けさせて頂きます。(サービス開始順に掲載)

 

 

ネオマネー

 

クレジットカード会社のクレディセゾンが運営しています。サービス開始は比較的早く、トップページ掲載のマネーティーグローバルと甲乙つけがたかったのですが、JTBのデスクの強みを重視してネオマネーを外しました。

 

管理画面(マイページ)を含めた使い勝手は非常に良く、対応している通貨の数がダントツ多いのはメリットです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。⇒NEO MONEY(ネオマネー)のメリットとデメリット

 

 

Visa Travel Money Goona(ゴナ)

 

株式会社ジャックスが運営している海外プリペイドカードです。インターネットショッピングでも使えて便利ですが、クレジットカード付きのプリカを選ぶと年会費が取られてしまうので、申込時には注意が必要です。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。⇒VISA加盟店で使える海外プリカGoona(ゴナ)

 

 

 

GAICA

 

新生銀行との連携が強みの株式会社アプラスが運営しています。

 

新生銀行に口座を持っている人なら便利に使える海外プリペイドカードです。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。⇒新生銀行グループの海外プリペイドカードGAICA