TOP

留学・ビジネス・旅行に便利な海外プリペイドカード

ネットでの申し込み 「ん?ここはどうするの?」

 

海外プリペイドカードはWebで申し込みができ、どれも申し込み方にはそれほど違いはありませんでした。

 

そこで、申し込む時に私がちょっと戸惑ってしまったことをご参考まで書いておきます。

 

ヨーロッパに行く時 通貨は何にする?

 

ヨーロッパに旅行する人のご参考になるかと思いますのでまずは最初に…

 

渡航先をどうするか?

 

 

ヨーロッパに行く人は、一カ国だけでなく何カ国か回る人が多いですよね?

 

そんな場合、渡航先を選ぶ時にはどうしたらいいでしょう?

 

 

問い合わせをしてみると、そう言う場合は

 

「メインの渡航国を選択して下さい」 とのことでした。

 

あくまでも予定で構わないそうです。

 

 

 

キャッシュパスポートの通貨をどうするか?

 

行く先がフランスやドイツなどのユーロ圏だけならユーロ建てカードで良いですが、たとえばイギリスにも行く時はどうすればいいでしょう? キャッシュパスポートの場合、通貨を最初に決める必要があるので困ります。

 

 

 

問い合わせをしてみると、そういう場合は日本円建てカードにしてお使い下さいとのことでした。

 

円建てカードを持って行けば、行った先の国で使われている通貨で利用できます。

 

これだと、マネーティーグローバルやネオマネーと同じしくみになり、円高の時に両替できるキャッシュパスポートのメリットは活かせなくなります。

 

でも、キャッシュパスポートでは円建てカードの手数料の方が安い(他通貨の5.5%に対し4%)ので、まあ仕方ないかと思います。

 

 

 

 

※『マルチカレンシーキャッシュパスポート』が新しく発売されました!←これは2015年の記事です。今は全部マルチカレンシーになっています。

 

 使い勝手は今までとほぼ同じ、各通貨ごとに割り当てられた専用口座に振り込むことで7つの通貨(ユーロ、ポンド含む)に対応。

 

 詳しくはこちら⇒キャッシュパスポート>

 

そのほかの疑問

 

ざっと気になっていたことを書きましたが、思い出し次第追加して行きたいと思います。

 

また、皆様も他に疑問がある方がいらっしゃいましたらぜひ下記までご連絡下さい。

 

 

info@coolworld.info