TOP

   海外プリペイドカードはマルチカレンシーがいい?それとも通貨限定?

マルチカレンシーカードとは?

 

海外専用プリペイドカードを便利に使っていたところ、
マルチカレンシーカードという新しい種類のプリカが登場しました。

 

マルチカレンシーカードとは、1枚のカードにいくつもの通貨を入金できるカードです。

 

現在、キャッシュパスポートマネパカード(次項ご参照)があります。

 

 

たとえば、米ドルとユーロ、円、英ポンドを入金したい場合、

 

今までのキャッシュパスポートならlこうでしたが↓

 

 

 

 

マルチカレンシーカードはこうなります↓(現在はカナダドルとニュージーランドドルが追加されています)

 

 

 

口座ごとに違う振込先に振り込む必要がありますが、いくつかの国に行く場合や、何年間かのうちに違う国に行く場合も1枚のカードを使い回せるので確かに面倒がありません。

 

 

 

確認のため問い合わせてみると、今までの通貨限定のカードも使えるけれど、これからは随時マルチカレンシーに切り替わるとのことでした。

 

 

「え〜?そんな。作ったばかりなのに!」と思いましたが、残高はちゃんとマルチカレンシーカードに引き継げると聞き、安心しました。

 

次に海外に行く時にはマルチカレンシーカードにかえようと思っています。(←2015年の記事。もう変えました)

 

⇒キャッシュパスポートマルチカレンシーカード申込

 

 

ほかにもある マルチカレンシーカード

 

マルチカレンシーカードにつてい調べていたら、キャッシュパスポート以外にも発見しました。

 

 

それがこれ⇒16歳から申込みOKの海外専用プリカ「マネパカード」

 

 

マネーパートナーズというFX事業を長くやっている会社が運営しています。

 

FXと聞くとつい敬遠してしまう人も多いかと思いますが、実は両替事業では実績が長くある会社なのです。

 

出発空港で外貨現金が受取れるサービスも展開していて、こちらは為替レートが市場より断然お得なため、広く利用されています。(私もこのサービスでは社名を知っていました)

 

 

 

 

 

ということで、出張に備えて私も早速申し込みました。

 

使ってみると、他のプリペイドカードと比べて良かった点がありました。

 

それは…

 

円高の時に両替しておける

 

キャッシュパスポートもそうですが、マネパカードは事前に外貨に両替した状態でカードに貯めておけるので、円高のメリットを活かせます。これは一般的な海外プリペイドカードには無いメリットです。

 

実際、私が海外から帰って来た時には円安に動いていて、しかも銀行窓口で両替するレートとは約2円違ったので、1万円以上も得をしました。

 

 

海外ショッピング保険がついている

 

もっともおすすめなのは、ショッピング保険がついていることです。

 

マネパカードはクレジットカードと同様にICチップがついている点で不正利用されにくく安心できるのですが、それに加えて、マネパカードで買った物を壊したり失くしたりした場合に、購入日から30日間であれば、損害額から5,000円を差し引いた額を補償してくれるのです。

 

 

※もっと詳しいことはこちらのサイトをご参照下さい⇒マニアが徹底研究!マネパカードのメリット