TOP

   留学・ビジネス・海外旅行にピッタリな海外プリペイドカード

キャッシュパスポート、マネパカード、マネーティーグローバル どれがいい?

 

子供の海外留学がきっかけで自分も使うようになった海外プリペイドカード。今や自分も海外に持って行く外貨手段として欠かせなくなりました。

 

 

 

海外ではクレジットカードを盗まれることが非常に多いですが、あらかじめ入金した金額以内でしか使えないプリペイドカードなら、万が一盗まれても際限なく使われる心配がありません。

 

 

しかも、海外プリペイドカードはSuicaやEdyなどの日本国内のプリペイドカードと違って、クレカ機能だけでなくATMからお金もおろせてキャッシュカードの役目も果たすんです。

 

 

当サイトは以下の内容となっています。
説明でわからないことがあったらお気軽にご質問下さい。(⇒お問合せページ

 

目次 (最終チェック日2017.8.8)

1.海外プリペイドカードの使い方

 

 @海外プリペイドカード ATMの使い方

 A残ったお金の清算のしかた

 

2.管理人おすすめランキング

 

3.項目別海外プリペイドカード比較

 

4.各プリペイドカードの特徴

 

 @マネパカードのメリットとデメリット

 Aキャッシュパスポートのメリットとデメリット

 Bマネーティーグローバルのメリットとデメリット

 Cネオマネーのメリットとデメリット

 Dその他の海外プリペイドカード紹介

 

5.海外プリペイドカードの知識

 

 @海外プリペイドカードとクレジットカードとの違い

 A海外プリペイドカードとデビットカードとの違い

 B海外プリペイドカード利用上の注意点

 C海外プリペイドカードにかかる様々な手数料の解説

 D申し込みでわかりにくい所

 E代理人登録はしなきゃいけない?

 F残ったお金のを精算してみた

 G海外プリペイドカードは何歳から作れる?

 

6. その他のおもな記事

 

 @ハワイのいろいろな所でATM利用料を比べてみた

 Aキャッシュパスポートを使った外貨両替で得するワザ

 BGAICAと新生銀行の連携方法

 

 

 

海外プリペイドカードの使い方

 

ではまず、海外プリペイドカードの使い方を以下の流れにそってご説明します。

 

 

海外プリペイドカードの申込方法

 

海外プリペイドカードの入金方法

 

海外(現地)での利用方法

 

 

 

海外プリペイドカードの申し込み方法

 

海外プリペイドカードはウエブから申し込みができます。

 

 

必要な入力情報は、氏名・住所などの個人情報と、会員サイトへログインするID、パスワードなどの登録情報渡航予定先などがあります。(渡航予定先は決まっていなければ適当で大丈夫です)

 

登録したメールアドレスにメールが来て、そこに書かれているURLをクリックすると登録が完了することがほとんどです。

 

 

 

その後、本人確認書類をメールに添付するか、郵送で送り、連絡を待ちます。

 

申込をしてから2日〜10日で本人限定受取郵便、もしくは書留でカードが届きます。

 

※申込からカード到着までの期間は、会社によって、また時期によって変わります。

 

口座開設通知書留郵便

 

 

 

海外プリペイドカードの入金方法

 

海外プリペイドカードに入金する時は、同封物に「お客様専用振込口座」の案内が入っていますので、その宛先に振込をします。

 

ウェブサイトのマイページでも振込口座を確認できます。ログイン後に登録情報を見てみましょう。

 

振込先がプリペイドカード会社名になっている(自分の名前ではない)ので心配になる人もいますが、まったく問題ありません。
プリペイドカード口座への入金イメージ

 

※振込人名義はカード申込者と同じ名前にしましょう。

 

 

プリペイドカードへの入金完了後の流れは2種類に分かれます。

 

事前に両替手続きが必要(好きなタイミングで両替可能)なものもあれば、両替手続き不要のもの(利用時に両替処理が自動で行われるもの)もあります。

 

 

プリペイドカード口座への入金からチャージイメージ

 

 

タイプ1=マネーティーグローバル、ネオマネー、GAICA など

 

タイプ2=マネパカード、キャッシュパスポート など

 

 

 

いずれにしても、カードが届いただけでは利用できませんので注意して下さい。

 

 

入金(チャージが必要なものはチャージも)の手続きは後回しにしてしまいがちですが、忘れないうちにやっておきましょう

 

大事なのでもう一度。カードが届いたらまずは入金!

 

 

現地での利用方法

 

入金→(両替)→チャージまでが終わったら、海外でクレジットカードのように利用したり、現地ATMからお金をおろしたりできます。

 

 

ATMでお金をおろす

 

暗唱番号(PINコード)は忘れずに控えて行って下さい。(⇒海外ATMでお金をおろす方法はこちら

 

 

 

支払いで使う

 

ショッピングなどで支払いに使う時は、店員さんに渡します。

 

@店員さんは決済端末にカードを通した後、”Pin Code Please.(ピンコードをどうぞ)”と言われるので、覚えているテンキーを押します。海外の人は結構不愛想なので、何も言わずに端末を差し出される場合も多いです。

 

 

A端末が無い場合はサインを求められます。パスポートで利用しているサインをレシートに書きましょう。

 


 

どれがいい?海外プリペイドカードおすすめ度合い

 

海外プリペイドカードに詳しくなるために、自分の海外出張のついでに、手数料、手間、便利さなどの点でおすすめの3社を使い比べてみました。

 

※このサイトはアフィリエイトプログラムを導入していますが、ランキングは収入(広告手数料)の高い順ではありません。気になる方は他サイトのおすすめ順位と比べて頂くとわかると思います。

 

 


 

  理由…円高を狙って両替でき、国内でも使える

マネパカード

 

両替時のレートがほぼリアルタイムに変わるので円高の時に入金しておける。手数料が安く、ビジネスマンにも人気。

 

管理画面が見やすく、つい最近(2016.6〜)国内でも使えるようになり、余ったお金を清算する必要が無いなどとても使い勝手が良い点が魅力。

 

 (詳細は⇒マネパカードのメリットとデメリットご参照)

管理手数料・入金手数料 為替手数料・為替レート 入金から引き出せるまでの早さ
どちらも無料 為替手数料としてはナシ※

(レートは入金時、ほぼリアルタイム)

海外プリペイドカード比較,留学,ビジネス

※為替手数料と為替レートの説明は⇒こちらの記事をご参照

 

 理由…スペアカード付きだから

キャッシュパスポート

スペアカードがあるので修学旅行など学校関係で人気。

 

マイページの残高が外貨で表示されるため、現地で確認した時、あといくら使えるかすぐわかる。(マネパカードも外貨表示)

 

残高照会画面のイメージ

 

 

 (詳細は⇒キャッシュパスポートのメリットとデメリットご参照)

 

管理手数料・入金手数料 為替手数料・為替レート 入金から引き出せるまでの早さ

管理手数料-150円/月
(1年以内の利用で無料)
入金手数料-1.0%

入金した通貨を使う場合4%
入金した通貨以外は5.5%
(レートは入金時)

海外プリペイドカード比較,留学,ビジネス

 理由…海外にサポートデスクが多い

MoneyT Global

 

海外に精通し、海外デスクが多いJTBのプリカ。
何かあった時でも心強いうえ、旅行サービス(ツアー手配など)なども受けられる。

 

 

2015年12月より、危険回避情報メール配信サービスを開始。
自然災害、伝染病、治安情報などをメールで配信してくれる。

 

 

(詳細は⇒マネーティーグローバルのメリットとデメリットご参照)

 

 

管理手数料・入金手数料 為替手数料・為替レート 入金から引き出せるまでの早さ
どちらも無料 4% (レートは利用時) 留学,語学研修,卒業旅行,海外プリペイドカード比較

 

↓海外プリペイドカードの手数料解説

為替レートと為替手数料のイメージ

 

 

※その他(4位以下)の海外プリペイドカードは⇒こちらをご覧ください

今度は表で比較! おすすめの海外プリペイドカード

 

今度は項目ごとに比較してみましょう。(「通貨」とあるのはドル、ポンドなど現地の単位です)

名前

キャッシュパスポート

マネパカード MoneyT Global
取扱通貨 米ドル、豪ドル、.ユーロ、英ポンド他 全7通貨 米ドル、豪ドル、.ユーロ、英ポンド、香港ドル 全5通貨 ドル、英ポンド、ユーロ、他 全12通貨
利用できるATMと店 Master Card(R)マークのあるATM
Master Card(R)加盟店
Master Card(R)マークのあるATM
Master Card(R)加盟店
Visa、PlusマークのあるATM
Visa加盟店
カード発行手数料 無料 無料 500円+税
(キャンペーン期間中は無料)
管理手数料

1.5米ドル、1ユーロ、1英ポンド、
2豪ドル/月
(日本円で150円程度)
(1年以内に利用があれば無料)

無料 無料
入金手数料 ※1 1.0% 無料 無料
為替手数料 実質5.5% ※2 無料(理由はこちら 4% ※2
為替レートの決まる日 両替日 両替日 利用日
ATM引き出し手数料 1.5通貨〜2.5通貨
(日本円で約200円くらい)
1.5通貨〜2.5通貨
(日本円で約200円くらい)
200円/1回
1回あたりのATM引き出し限度額

1,500(米ドル、豪ドル)、
1,000(ユーロ、英ポンド)
(日本円で約15万円程度)

30万円 10万円

残った場合の払い戻し手数料

500円+税 500円+税 500円+税

国内での利用

不可 不可
紛失時の対応

緊急アシスタンスサービスで対応
スペアカードの利用可

サポートデスク、会員サイトともに連絡可

連絡時点の残高補償

日本語コールセンター、JTB海外トラベルデスクで対応

申し込んでからカードが届くまでの期間

約1週間 約1週間〜10日 約2〜3週間

入金してから引き出せるまでの時間

着金確認から24時間内 ※3
着金確認から約3時間後 ※3
着金確認から1時間後 ※3
カードが作れる年齢 年齢制限なし 16歳以上 年齢制限なし
その他 詳細

詳細 詳細

 

 

※1−銀行などからの振込手数料は別途必要

 

※2−為替手数料は為替レートとは違う。手数料率はVISAやMasterの定めるレートに対する割合。(⇒詳細

 

※3−入金が営業時間内か時間外かで変わって来る

 

※注−もっと詳しい使い勝手は、当ページ下のメニューから、各カードのメリットデメリットページご参照